安産祈願は、妊娠5ヶ月目の戌の日に行くことが
伝統的な風習なので、現在でもその時期に安産祈願の参拝に
行かれる方が多いです。
妊娠中に巻く腹帯を、この日を境にして巻きはじめることで、
本格的に妊娠中期の生活に突入する頃になります。
この頃には、妊娠初期とは違って、
母親の体調もかなり安定してきます。
つわりも軽くなってくるので、外出しやすくなりますね。

安産祈願の当日に母親の体調が変化したら?

戌の日に安産祈願をするのは、決まりというわけではないので、
当日に母親の体調が変化してしまったら、無理をしないで
日程を他の日にずらしましょう。
もしも、予約が必要な神社だった場合だったとしたら、
旦那さんや、親御さんなどが代理で参拝しても良いでしょう。
くれぐれも、母親の体調を最優先すべきです。
当日になってからのキャンセルもできますので、
無理をしてまで出かけるのは止めましょうね。

母親の体調管理のコツ

安産祈願に行く日が決まっている場合は、
その日にベストな体調をキープしたいですね。
当日は、気温や天候をチェックして服装選びをしましょう。
車での移動が長くなる場合は、無理な体勢が続かないように
こまめな休憩をします。
この頃は、空調管理が行き届いている施設が多いので、
体温調整がしやすい服装を選ぶようにしましょう。
ストールを一枚持っていくと、紫外線の対策や
エアコンの冷えも防げるので便利ですよ。
安産祈願は母親がいかないとダメだと思っている人も多いですが、
代理でも、郵送でも受け付けている神社はとても沢山あるんですよ。
当日の体調が不安な方は、そのような方法も考えてもいいのでは。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。

妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で肌に優しいのも人気の理由です。

→実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちら



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



3位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線や肉割れを消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。

NOCORクリームを実際に使用した私の体験談はこちらです。