戌の日のお祝いというのは、妊娠して5ヶ月目になってから、
はじめて迎える戌の日に、安産を祈願してお祝いをすることです。

 

戌(犬)はお産が軽く、多産ということから、戌のお産のように軽く出産できることを願って生まれた風習です。

戌の日には、岩田帯と呼ばれる腹帯を締めることで、無地にお産を迎えられるように祈願するお祝いをします。
岩田帯は、お寺や神社などで祈願をしてもらうことで、より安産への願いが深まっていくようです。

では、具体的に戌の日のお祝いをするにあたって、どのようなことからはじめたらよいのかまとめてみました。

 

岩田帯というのはどこで用意するのか

岩田帯はさらしを巻くのが一般的でしたが、現在では着脱が簡単なベルトが普及しています。
妊婦さんが使いやすいものを選ぶのが良いと思います。

 

安産祈願はどこでするのか

戌の日のお祝いをする安産祈願は、特に決まった神社やお寺があるわけではありません。
地元で親しみのある神社などでも全く問題ありません。

安産祈願で有名な神社では、予約が必要な場合があるので、
事前に確認しておくことをおすすめします。

 

腹帯は持参するのか

戌の日のお祝いの由来からわかるように、
戌の日を境にして、腹帯を巻きはじめるわけです。
安産祈願を受ける場合は、持参するようにしましょう。
安産ベルトなどは、持参することをおすすめしますが、
安産祈願で有名な水天宮などでは、さらしの腹帯が購入できます。

 

必要な費用は

安産祈願を受ける場合は、初穂料が必要になります。
これは神社やお寺などによって違いますので、
希望する寺社仏閣に確認しておきましょう。

お寺などでは、「お気持ちで」などとハッキリ金額を
提示されない場合があります。
平均的には5,000円〜10,000円程度なので、参考にしてください。

戌の日のお祝いを迎える前に、準備しなくてはいけないことは
特に難しいことではありません。

この時期は、つわりが残る方もいる時期なので、
外出などが無理な場合は、戌の日のお祝いにこだわらず、
身体の調子を最優先にしましょう。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。

妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で肌に優しいのも人気の理由です。

→実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちら



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



3位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線や肉割れを消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。

NOCORクリームを実際に使用した私の体験談はこちらです。