日本に昔から伝わる「帯祝い」は、妊娠5ヶ月目の
最初の戌の日に腹帯を巻いて安産を祈願します。
子供を授かって、初めての儀式のような伝統的な行事です。

 

腹帯を巻くことは、お腹の赤ちゃんを守るためや、
母体の冷えを防ぐためなど、様々なことが言われています。

女性の身体は冷やさない方が良いというのは、
妊娠中以外でもよく耳にすることなので、
腹帯の習慣は、東洋医学にも通じる習慣ですね。

 

戌の日の計算はどうやってするの?

戌の日に計算は、妊娠5ヶ月目に入ったら
カレンダーや暦を見れば簡単にわかります。

戌の日というのは、十二支の戌のことですから、
暦の上では、12日に1回巡ってくるのです。

 

計算方法は、妊娠5ヶ月というと妊娠16週〜19週くらいです。
戌の日のお参りに行く日を計算するのなら、16週を目安にして
予定を立てると良いと思います。

 

計算したら、戌の日のお日柄が良くない

戌の日が大安である日は、限られています。
運よく、妊娠5ヶ月目の戌の日が大安だった場合は
迷うこともありませんが、仏滅だった場合はちょっと考えますね。

 

その場合は、他の日にしても構わないんですよ。
あくまでも、目安にして考えれば良いので、
妊娠5ヶ月を過ぎたとしても、大丈夫です。

 

計算方法が間違っていたら?

 

妊娠16週から19週が妊娠5ヶ月ということですが、
最終月経から計算する方法が一般的です。

 

月経が不規則な人は、わかりにくいので、
その場合は出産予定日から24週さかのぼります。

多少の前後は気しなくていいので、目安として考えてください。

妊娠5ヶ月前から妊娠線予防ケアを開始しましょう!

良い妊娠線クリームを選ぶコツはこちらです。

妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、数ある妊娠線クリームの中でも最も保湿効果が高いクリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で肌に優しいのも人気の理由です。

→実際にベルタマザークリームを使った私の体験談はこちら



2位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



3位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線や肉割れを消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。

NOCORクリームを実際に使用した私の体験談はこちらです。